09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

チョイ改良。




この前FZRのクラッチマスターあたりをメンテしていて気がついたこと。
レバーの動きがちょっと渋いなぁと。
分解して綺麗にしていたら、油圧の太鼓部分がだいぶ削れている!
純正部品を調べたら、数百円なんだけど、どうせなら以前調べて目をつけていたパーツに交換してみようと。
ネットで探して探してやっと注文。
RCエンジニアリングのクラッチベアリングシステム。

本日届きました。

普通の太鼓部分は真鍮のみでできており、コレといって仕掛けも何も無いパーツ。
コレを介してマスターを押している部分。

クラッチベアリングシステムの方は、押す部分は真鍮でできているけども
その両端は小さいベアリングが付いてます。
大きさもちょっとだけ大きめ。

交換は、まずレバーを取り外し、マスターシリンダー側のロッドを引き抜き差し替える。
このとき、ブーツも引っこ抜いた方がやりやすい。
次にレバーのタイコ部分を入れ替える。
あとはレバーを取り付けて完了。

ベアリングが入ったことでレバーの取り付けが面倒だった。
ロッドを刺そうとするとクルッと回ってしまうんですね。
この軽さはちょっとだけ期待できそう。

交換してレバーをにぎにぎ。にぎにぎ。にぎにぎ。。。
うーん。軽くなったような。

隣のセローのレバーを握ってみると、
ちょっと軽いくらい?
ということは軽くなったのかも???

この成果は次のツーリングで分かることでしょう。
スポンサーサイト

category: 未分類

[edit]

page top

« 泥試合とはこのことだ!  |  XT1200Zってどうよ。 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nabezo.blog41.fc2.com/tb.php/20-025d6e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top